読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足るを知りたい女のはてしないたわごと

宮崎~鹿児島を行ったり来たりしている人のブログです。インスタID☞okashimuze

才女と中華

宮崎 宮崎ランチ ランチ 宮崎市 中華 宮崎観光ホテル 蓮花 LINPHA マンダリンオリエンタル東京

「食べたねー!」
「だからよ!実に躍動!した!!」

二日間ほど絶食してもいいくらい食べたのに、あんなに食べたのに、

なのにー(なのにー)
なーぜー(なーぜー)


特筆すべきは、消化がスムーズだったのと、まったくもたれなかった不思議。話し合いの結果、たぶん、わりと良質な油が使われているんじゃないかという結論に達した。舌が肥えてるっぽい上品なマダム多めな客層がだったことにも、妙に納得。

「よい中華食べさせてくれるところ探している」と公言していたら、某才女が連れてってくれた、宮崎観光ホテルの「蓮花/LINPHA」さん。

なんとなんと、該店シェフは、マンダリンオリエンタル東京の「SENSE」にいらした方っていうじゃない。そこは、わたくしが人知れず日々情報収集にハゲんでいる「一度行ってみたいお店リスト」のかなり上位に食い込んでいるとこですよ!と、期待に胸膨らますくらいには権威主義的でミーハーな面も持ち合わせる前髪です。

(そして、学生のころバイトしてた小料理屋の大将に、”仲居さんていうのは、料理人が一生懸命つくった料理とお客様の中(間)に居るって意味なんだぞ。料理や店の印象は、仲居さんにかかってる部分が大きいんだぞ!”みたいな話をよく聞かされていたのをやたら思い出してしまっていたという、料理そのもの以外のとこに引きづられるってオチね〜)

自分なりに遠回しな表現を選んだツモリチサト。べつにサービス料とられてるわけじゃないし、ホテルのレストランだからって、接客のムラは、致し方アルマーニっちゅー話。(なんか文体の芸風が某Bar j◯◯◯wのマスター化してないか)

また行きたいから、エールを込めて。(誰)

こんなときこそ、味に集中できる力が欲しい。味に集中!味に集中!

f:id:okashimuze:20160408055713j:image
(このサジが、マスオさんの同僚アナゴくんぽいとか、わけわからんこと言い始めるくらいには、注意力散漫)

写真を見ながら、料理のことを思い出していきたいとおもいます


f:id:okashimuze:20160408020828j:image
じゃがいもと玉ねぎのスープ

f:id:okashimuze:20160408021336j:image
海鮮のスープ。下に茶碗蒸しみたいなのが入ってる。

f:id:okashimuze:20160408021607j:image
なにも付けなくても、素材の味がジュワ〜
f:id:okashimuze:20160408021654j:image
皮が、うすいのに、もっちもちー
f:id:okashimuze:20160408021943j:image
金魚さん


f:id:okashimuze:20160408022004j:image
ニベという地獲れの魚の上には、蒸し海老のソース。
f:id:okashimuze:20160408022924j:image
蒸し海老の風味と旨みと甘味が濃縮された、ふぁ〜。このソースだけ白ごはんにかけて食べたい!ふぁ〜。

創作中華って、ふぁ〜〜〜。

f:id:okashimuze:20160408022536j:image
エビチリ、マンゴーソース

f:id:okashimuze:20160408023111j:image
海老が、でかいです。マンゴーの果肉ごろごろ。この甘さは、完全にマンゴーの濃厚さだと思われ。シャキシャキねぎが良いアクセント役。

f:id:okashimuze:20160408023429j:image
酢豚(肉がしっかりしてた)

f:id:okashimuze:20160408023447j:image
にく

f:id:okashimuze:20160408023540j:image
めん

f:id:okashimuze:20160408023558j:image
たんたんめん(このスープだいぶ好みだった)

f:id:okashimuze:20160408023651j:image
デザート
f:id:okashimuze:20160408023715j:image
杏仁豆腐、おいしかった。
やさしい中華、ふぁ〜。りん、ふぁ〜。