読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足るを知りたい女のはてしないたわごと

宮崎~鹿児島を行ったり来たりしている人のブログです。インスタID☞okashimuze

祝!村田晴子さん第25回記念英展大賞受賞

とてもお気に入りのこのお皿。かわいいでしょう!(峰なゆか風)

f:id:okashimuze:20160515035746j:image

こころさんの皿に村田晴子さんが絵をつけた作品。

昨年、宮崎市の雑貨屋さんパリテキサスさんで開かれていたおふたりの個展で買いました。

そのときの記事はこちら↓↓

okashimuze.hatenablog.com

 

そして、すばらしいニュースを、GALLERY INDIVIDUALのフェイスブックページにて知るの巻

 

九州・山口地区の新鋭・俊英作家の発掘を目指す「第25回記念英展」(田川市美術館など主催)の入賞者が11日、発表され、最高賞の大賞に宮崎市の村田晴子さんの作品が選ばれたそうです!!しかも、わたしが持ってるお皿とおなじモチーフの、絵画教室の残骸モチーフ!!
 
おめでとうございます!!
 
以下、上記リンクより抜粋
 
九州・山口地区の新鋭・俊英作家の発掘を目指す「第25回記念英展」(田川市美術館など主催)の入賞者が11日、発表された。最高賞の大賞には宮崎市の高校美術講師、村田晴子さん(35)のアクリル画「workshop’16−1」が選ばれた。
 

 学芸員や大学教授ら推薦委員12人が推した56人の作品から選ばれた。例年は作品テーマがあるが、25回を記念した今回は設けなかった。毎年変わる賞選定委員は、画家で武蔵野美大教授の遠藤彰子さんが務めた。

 大賞受賞作は162センチ四方のアクリル画。子供の絵画教室が終わった後の色紙やはさみ、絵の具が散らばった様子を切り取った。遠藤さんは「爽やかな今を表現しており、心がスッと画面の中に入り込む作品」と評価。村田さんは「床に散らばる色紙の美しさ、子供の声の余韻が残る静けさを表した。受賞に驚いている。記念展で賞をいただけて光栄です」と喜びを語った。

 英展は7月5〜31日、田川市美術館で開かれる。観覧料は一般300円、高校・大学生100円。【斎藤毅】