足るを知りたい女のはてしないたわごと

宮崎~鹿児島を行ったり来たりしている人のブログです。インスタID☞okashimuze

2016申🙊→2017酉🐣

早い。時が経つのが年々早くて、2015→2016っでタイトルを書いたのが昨日のことのように思われます、つらい。

 

年末年始の動きをまとめておきます。

 

12/30

f:id:okashimuze:20170102020849j:image

adiosニシタチ2016を告げ、

 

12/31 お正月のお花のアレンジメントを

f:id:okashimuze:20170102020659j:image

四季通りのアペゼさんで受け取り(1年振り2回目)、喪中でもいけるよう控えめだけど新年は明るい気持ちになれるみたいなやつ!完璧やん。アペゼさんご本人にも伝えたけど、さらなるパワーのアップを、かんじた。気のいい花屋が街にあるって、ありがたいこと。

 

f:id:okashimuze:20170102021133j:image

普段は普段として、親戚やご近所へのお年賀は、ヨックモックのシガールあたりが山形屋の袋に入っていれば間違いないだろと思うくらいには保守的なとこもあります鹿児島のおばはん前髪。

 

f:id:okashimuze:20170102021339j:image

ラディッシュセブンでがまこう庵さんのお蕎麦も買って、蔦屋書店でサンデー毎日大宮エリー連載読んで涙ちょちょぎれ(幸せの設定のはなし)、蝶さんの新刊も買い、この時点で大きな袋をいくつも抱えた年末爆買いBBA。

 

私の場合、普段が普段なので、たまにするこういう主婦プレイは立派なレジャーなのであります。

 

f:id:okashimuze:20170102021731j:image

あごぱんさんの八百屋さん(日向やさん)で野菜を買い、都城のハーティーながやまで肉と酒を買い、

 

f:id:okashimuze:20170102021924j:image

早水公園横の輪syaさんで、都会から小さな怪獣たち引き連れて帰省している幼なじみへの手土産を買い、パン食べ納め、ちょうど珍しく他にお客さんがいないタイミングだったので店主さまと少し話して(お互いの略歴?「わたしもゼロからパン屋スタートしてほんとに大変だったから、ケンキョラスがんばって」みたいな話(うぅ涙)と、鹿屋のケーキ屋の話)

 

f:id:okashimuze:20170102022515j:image

と、沈みゆく夕陽が美しくって。

一年の労をねぎらい、業もぜんぶもってってくれそうな夕陽だった。おもわず拝みましたわね。(ばあさんか)

 

急げ〜!はやく実家に帰り着いて紅白までに蕎麦を湯がくど〜!

 

おじおばの家二軒はしごして、

 

f:id:okashimuze:20170102025353j:image

はい、年越しそば。(茹でただけ)

 

As you expected, 紅白開始には間に合わず、序盤はヤングが歌うだろうからと油断していたらPUFFYが白のパンダを並べ始め、慌てて台所から居間に駆けつけたりしながら、茹でました。「懐かしい歌だねえ」と母がいうので考えてみたら20年前の歌。立派な懐メロですね、名曲アジアの純真PUFFY、歌うまいよねえ。

 

f:id:okashimuze:20170102030331j:image 

と、ついに、ブログにまで肉親を出し始めたぞ!(=身内をコンテンツとして消費しはじめたぞ!)紹介します、父75、天然風味ゆるふわおじさんです。

 

この方と、あーでもないこーでもない言いながら紅白とガキ使を行ったり来たり視聴し、「まこち、あんたどま、のさんこっ」などと母に愛想を尽かされるのが大晦日の通過儀礼となっています。 

 

私「あ、この人、ヅラだね?」

父「どら、お父さん、ちゃんと観てみる。あ、ヅラだね」

 

とか。

 

今回特筆すべきは、父はピコ太郎さんのことは好きらしいです(意外)。理由は、ブレイクしてるのに謙虚だから、らしいです。ケンキョラス?ちがうか。すぐ「くだらん」とかいうので、いまだに彼の好みのポイントがようわからん。

 

カメラに寄られ照れながら小振りに恋ダンスするガッキー最高でしたし、父も星野源「恋」に関しては「良い曲だな、歌詞も良いな。この青年が自作か?」などと申しており。(なんか私ファザコンおばさんになってますか?大丈夫ですか?)

 

ゆず(&黒柳徹子さん)の永六輔さん追悼見上げてごらん夜空の星を、明るく終わるのよかったですね。

 

おじさんおばさんの後ろでアイドルたちに手拍子させるあの演出、キャバクラのVIPルームにしか見えない瞬間があって(縮図のようだ)、私は、私は、、、みんな役割を全うなさって感心します。

 

なんだかんだ(FT)、紅白は観てしまいます。私の場合は、通過儀礼だし世代も好みも違う親との貴重な共通言語だからです。

 

小椋佳とか出ればいいのに、というのが3人の共通意見です。

 

蜷川実花と菅原小春のエネルギーに負けない圧が坂本冬美にあることに感じ入り、イエモンJAM泣きそうになり、相葉ちゃんの涙に思わずもらい泣きし、有村架純たんの「わたしは誰にも流されません」みたいな姿勢、私も見習いたいと思いましたまる。

 

タモリとマツコの後ろ姿で終わったの、ちょうよかったですね。

 

 

そんなこんなで、今年は早起きせず、起きるまで寝て、

f:id:okashimuze:20170102032606j:image

 

1日の午後から、東京より帰省中の幼なじみ宅へお邪魔して小さな怪獣たちと戯れ大切ななにかを補給し、友人&おばちゃんと語り(ケンキョラスを3冊買ってくれた〜!宮崎出身の知り合いの方に贈ってくれるらしい)、

 

彼女は結婚もせず好き勝手やって自由を謳歌してる(ように見える)私を「まぶしい」と称し、私は私で、子育てに邁進して大人の責任果たしてる(ように見える)彼女に石田ゆりこよろしく「私の分まで産んでくれてありがとうと言いたい」わけで。でもお互い種類は違えどそれぞれの虚しさを飼いならしながら努力して楽しくやっていってるのもなんとなく理解している。だから嫉妬とかはないんだよねー。彼女との関係性に関しては、お互いを素直に認め合い、違いをおもしろがり、だめなとこもある程度は引き受けられて(これがミソな気がする)、我が事のように喜び合えるありがたいかんじですな。まあ、出来事を経て、ですよね、はい。たぶん気遣いのセンスが似てるんだとおもう。だから楽なんだと推測。ひとえに彼女が大人なんですな。

 

と、長くなりましたが、核レベルで大切ななにかをたしかめたよき年末年始でした。新年の目標などは、特に、ない。

 

f:id:okashimuze:20170102035054j:image

このタイミングで、まっぽすな言葉が流れてきてたので、貼っておきますね。

 

他人や世間と比べてどうとか、そういう類の概念もともと薄い方だと思っていたけど、自分自身の尺度のメンテナンスや確認も都度大事だなと。