足るを知りたい女のはてしないたわごと

宮崎~鹿児島を行ったり来たりしている人のブログです。インスタID☞okashimuze

フリーペーパーづく日(1年振り2度め)

f:id:okashimuze:20160907043418j:image

今年も「全国フリーペーパー展 in 都城」の季節がやってきました@都城市図書館(~9/18)。

 

「全国フリーペーパー展in都城

公式Facebookページはこちら

公式Twitterアカウントはこちら

 

この企画展の存在をFacebook経由で知り、「いったい誰が?どんな思いで?」と鼻血を垂らしながら訪れたのが、去年秋。

 

(のちに、フリペ通信さんによる”該展主催者キクカワマサミさんインタビュー”にて、熱い思いを知ることができるのです)

 

全国から集められた様々なフリーペーパー、ミニコミ誌、リトルプレスの類(メジャーどころから私的なお手紙みたいなものまで)に心が躍り、あーわたしも何か書きたい作りたい!と、衝動的にこのブログをはじめました。もう一年経つんですねー(こんなに垂れ流し状態になるなんて...自分のルーズさと改めて対峙。つらい)

 

そして、「全国フリーペーパー展、よかった!」と書いた、その記事(”フリーペーパーづく日”)に、本展主催者キクカワ様からコメントまで頂戴し、後に対面でご挨拶し、そのご縁で今年は自分の作品も展示させていただくに至りました。

f:id:okashimuze:20160907045012j:image

(書く仕事をしていきたいわたくしの、自己紹介代わりになる冊子にしたかったとです。だから、ばらまくというよりは一冊一冊手渡しなイメージ。もらってくださる方いらしたら連絡ください)

 

 

動けば、動くもんです。

たとえ歩みは遅くとも。

 

(余談ですが、わたしは串焼き鉄砲のマスターから”鈍行列車”と称されたことがあります。いわく、遅くてもいろんな景色を見ながら目的地に着くんだからいいじゃろが、と。ほんまかいな)

 

わし、がんばる。

 

で、いざ、都城市図書館へ

f:id:okashimuze:20160907045526j:image

はい、いってみよー。

(去年の岡本太郎もすごかったけど、今年はチョーさん!チョークだけに?ちがうか)

 

f:id:okashimuze:20160907045740j:image

入り口すぐにはFLIT。キョンキョン

イノセントラーブ、イノセントラーブ!

 

f:id:okashimuze:20160907045845j:image

日替わりの持ち帰りOKコーナー

 

f:id:okashimuze:20160907045914j:image

みなさん熱心に見学したり読み込んだり

 

f:id:okashimuze:20160907050053j:image

わたくしの「Topics」は縄文ZINEさまのお隣にひっそり佇ませていただいたり、

 

ラジバ...(自粛)

 

f:id:okashimuze:20160907050224j:image

ふざけないで!すぐ横には図書室!なんつって。

 

f:id:okashimuze:20160907050339j:image

灯台、どうだい?

ふざけてる!(大好きです💓)

 

f:id:okashimuze:20160907050828j:image

今年はBGMまでついちゃって!

 

 突然ですが、市立図書館スタッフーとフリーペーパー展を支えるみなさん

f:id:okashimuze:20160907055233j:image

なんていうか、メジャーなフリーペーパー以外の個人でつくるZineとかミニコミみたいなのって、「オタクっぽい」とか「サブカル」的なカテゴライズされちゃいがちですけど、

 

こないだユーミンとマツコデラックスがラジオで喋ってるなかで、ユーミンが「サブカル然」としてる連中が大嫌い!メインカルチャーあってのサブカルチャーでしょ?ポップカルチャーに対してのカウンターカルチャーじゃないか!というようなことを仰っていた(You Tubeこちら)のが異常に印象に残っている私としては、

 

どっちが良いとか悪いとかでも、好き嫌いでもなく、そのバランス感覚というか、両者をつなぐ存在も必要だよな、などと思ったり。

 

都城市図書館の館長・にいぼさんが、「去年キクカワさんからこの持込企画の提案を受けたとき、その斬新さに驚き、フリーペーパーと図書館との関連性に最初は戸惑った」みたいなことを仰っていらしたのを受けて、そんなことを考えてみました。

f:id:okashimuze:20160907054731j:image

(温厚で柔らかい物腰の、館長さん。来館者からの反響御礼で祝第二回開催!)

 

わたし個人的には、フリーペーパー類と図書館との親和性は高いと思っていたので(言語や写真などの「記号」で伝える紙媒体という点において)、去年この展示が市立図書館であると知ったとき、それこそ「メインカルチャー」と「サブカルチャー」とが手を繋いで生まれる素敵な企画!さっすがみやこんじょ、頭やわらかーい♪ロックだね!さいこう!くらいにしか、このポンチな頭では思ってなかったですけどね。(勝手なことばかり言ってすみませんすみませんほんとすみません)

 

なにはともあれ、いちファンとして、今年の開催にもほんとに感謝です!!

 

f:id:okashimuze:20160907055451j:image

主催者のキクカワマサミさん(左)は、企画運営から、会場設営、接客、トークショーの司会進行まで、なんでもこなしてはりました。お疲れさまでございます!お体大切に!!

 

 

 

で、肝心な作品群ですが。

 

ほんとのことを言ってしまうとですね

f:id:okashimuze:20160907050930j:image

この「えんを描く」シリーズ

f:id:okashimuze:20160907051044j:image

今日の私はこれらにすべてをもっていかれた。

 

「だよね...そういうことなんですよね...」って、だいぶ、ストンと腹に落ちてきた。小学生の娘さんと、そのお母様(わたし同じ年...)とのコラボレーション?作品。コンセプト、核になるメッセージ、すべてに共感しました。

 

小学生のころ母とやっていた交換日記の存在を思いだして、泣きそうになっちゃった、です。この女の子が、歳を重ねていったときに、こういう形でも母親の愛情を受けていたって残るからねこれは。

f:id:okashimuze:20160907051732j:image

 たった一人のためにギュッと絞ることによって広がる一般性をみた。

 

例えが変かもですが、ネットショップのBASEが、最初は、開発者のお母様(ご高齢)でも庭で育てた野菜をネットで販売できるようになるために、簡単で使いやすい点にこだわった仕様につくられたのが、結果として大衆にも受け入れられた、みたいな。

 

話がそれましたが、この「えんを描く」親子さん、フリーペーパー展初日の9月3日(土)@台風、尼崎から都城までいらしてたようで。しかも西都城駅から図書館まで歩いたっていうじゃなーい?(車社会の田舎モンからすれば遠い距離)私もその日行けば良かった〜。お会いしたかったです!!

 

 

 

会期中、再訪予定ですので、その他の作品などについてはまた次回!

こちらの状態が違えばまた感じ入る対象も変わるかもだし、楽しみー楽しみ!